年収別シミュレーション, 1000万円以上, 家を買う心構えと交渉のコツ, 社会経済と住宅ローンの金利動向, 住宅ローンの繰上げ返済

住み替えで住宅ローンを借りる人の借り方と返し方

トランプ大統領の誕生から色んなルールが変わろうとしつつありますね。

TPPしかり

外交しかり

住宅ローンの考え方も然りです。市場の金利動向によって金融機 ...

年収別シミュレーション, 500万円台, 共働き世帯年収別シミュレーション, 1000~1200万円, 30代, 年齢別シミュレーション, 家を買う心構えと交渉のコツ, 団信生命保険と疾病保障

セーフティネットを有効に活用し家族の生命と生活を守れる貯金の額

アルヒや日本住宅ローンでは自己資金を2割以上入れると金利が0.1%優遇されるというフラット35の商品があります。

とても有利な住宅ローンですね。しかし、それによ ...

年収別シミュレーション, 800万円台, 共働き世帯年収別シミュレーション, 1200~1500万円, 変動金利で借りる, 30代, フラット35, 固定金利で借りる, 年齢別シミュレーション, 住宅ローンの借り入れ, 当初固定金利で借りる, ペアローン連帯保証(債務)

夫婦それぞれで独立した財産を持つならペアローンか?

ペアローンは夫単独での融資が困難な場合に金融機関から勧められてやむなく選ばれることが多いケースです。しかし、夫の収入のみで満額融資が受けられるケースでもあえてペアローンを組む人もいます ...

年収別シミュレーション, 500万円台, 共働き世帯年収別シミュレーション, 800~1000万円, 年齢別シミュレーション, 40代, 当初固定金利で借りる, 住宅ローンの繰上げ返済

住宅ローン控除を使いきれないなら繰り上げ返済した方が得なのか?

10年固定金利が1%を大きく下回っている今の金利環境では、単に利息の払いが安いという以上のメリットがあります。住宅ローン控除で年末残高の1%まで、その年の所得税等から税額控 ...

年収別シミュレーション, 600万円台, フラット35, 固定金利で借りる, 年齢別シミュレーション, 40代, 住宅ローンの借り入れ

フラット35なら借入後に一定の条件で賃貸OK

フラット35では親が住む家やセカンドハウスでも住宅ローンを借りることが出来ます。また、返済が厳しくなったなどの事情があれば、完済までの期間、その物件を賃貸に回すことも可能です。

...

年収別シミュレーション, 600万円台, 共働き世帯年収別シミュレーション, 800~1000万円, 年齢別シミュレーション, 40代, 住宅ローンの借り入れ, 変動か当初固定かどっち?

変動金利か固定金利かの基本的な考え方

変動金利は短期プライムレートに連動した銀行の店頭金利によって基本的に銀行が自由に金利を上げ下げできる金利タイプです。ただし、通常の変動金利には5年ルールと125%ルールがあります。

金利が上が ...

年収別シミュレーション, 400万円台, 共働き世帯年収別シミュレーション, 800~1000万円, 20代, フラット35, 固定金利で借りる, 年齢別シミュレーション, 住宅ローンの借り入れ

フラット35は民間銀行の固定より基本的にメリットしかありません

どんな場合でも、どんな人でもって訳ではありませんけど、フラット35は多くの民間金融機関と比較してメリットの多い金利タイプです。

特に市場の長期金利が低い今のタイ ...

年収別シミュレーション, 800万円台, フラット35, 固定金利で借りる, 年齢別シミュレーション, 住宅ローンの借り入れ, 当初固定金利で借りる, 50代以上

50歳から人生2度目の住宅ローンに臨む

多くの人にとっては人生一度の住宅ローンですけど、複数回やる人もいます。

ちなみに千日の両親は3度やってます。最初に購入したマンションは阪神淡路大震災で全壊認定を受け、復興後に新築マンシ ...

年収別シミュレーション, 1000万円以上, 30代, 年齢別シミュレーション, 住宅ローンの借り入れ, 借地権

敷地が借地権のマイホームを購入する場合の住宅ローンの注意点について

借地の場合は住宅ローンとして融資しない金融機関もあります。なので手付金を払う前に金融機関で融資可能か確認してから進める必要がありますね。

なお、フラット35 ...

年収別シミュレーション, 700万円台, 共働き世帯年収別シミュレーション, 1200~1500万円, 年齢別シミュレーション, 40代, 住宅ローンの借り入れ, ペアローン連帯保証(債務), 社会経済と住宅ローンの金利動向

40代半ばにしてトランプリスクの渦中で組む住宅ローンについて

3月は住宅の引渡しが1年で最も集中する時期ですが、今年の3月はいつもとは違いますね。去年の11月にトランプ氏が大統領に当選してからというものの、全ての流れが変わりました。