年収別シミュレーション, 700万円台, 共働き世帯年収別シミュレーション, 1200~1500万円, 年齢別シミュレーション, 40代, 住宅ローンの借り入れ, ペアローン連帯保証(債務), 社会経済と住宅ローンの金利動向

40代半ばにしてトランプリスクの渦中で組む住宅ローンについて

3月は住宅の引渡しが1年で最も集中する時期ですが、今年の3月はいつもとは違いますね。去年の11月にトランプ氏が大統領に当選してからというものの、全ての流れが変わりました。

フラット35, 固定金利で借りる, 住宅ローンの借り入れ, 社会経済と住宅ローンの金利動向

トランプ大統領就任と機構債の利率

当初は1月16日に発表予定だった住宅金融支援機構の月次債(MBS)の利率の発表が遅れています。トランプ大統領の就任式は日本時間の土曜日です。

これはもう来週になっちゃうんじゃないでしょうか。 ...

社会経済と住宅ローンの金利動向

金利上昇局面で注目の住宅ローンは申込日と融資実行日の安い方の金利が選べるタイプ

トランプ相場で長期金利が上がってますね。こんな時に引渡しが数ヶ月先の新築マンションや注文住宅を契約したら気が気ではないです。

家を買おうと検討し ...

フラット35, 固定金利で借りる, 住宅ローンの借り入れ, 社会経済と住宅ローンの金利動向

融資実行月の住宅ローンフラット35金利が下がるなら融資実行を翌月に延期する

フラット35の翌月の金利は毎月の半ばに発表される住宅金融支援機構の月次債の表面利率からだいたい予測が出来ます。

ただ、最近はトランプ相場で長期金利が ...

社会経済と住宅ローンの金利動向

住宅ローンの金利上下の理由と今後の動向

2017年1月のフラット35の金利と10年固定金利が発表されました。15年~20年の短いフラット35の金利は0.01%下がり、21年~35年の長いフラット35の金利は0.02%上がりましたね。