30代世帯年収600万以上1200万未満の最適住宅ローンランキング

2018年11月16日

最終更新:2018年10月31日

30代世帯年収600万以上1200万未満:物件価格の平均4120万円、住宅ローンの平均3780万円←イエローシグナル

 

30代で世帯年収600万以上1200万円未満は、30代でマイホームを購入する人のボリュームゾーンであり、相談事例も最多です。また最近は独身女性でマンションを購入する人が増えて来ており、千日への相談も増えてきました。末尾に独身女性のランキングも用意しています。

ご相談者の世帯年収の平均は830万円です。つまり概ね、

  • 年収の5.0倍の物件を購入し、
  • 年収の4.6倍の住宅ローンを組む

という人が平均的なモデルとなります。頭金は平均的に1割弱入れているということですね。パッと見た感じでは問題無さそうですが、実は潜在的に危険な住宅ローンを組んでいる人が多いのです。

(単位:百万円)

世帯年収(万円) 年齢
20代 30代 40代 50代以上
400未満 物件36.8
ローン33.3
物件28.4
ローン24.5
物件30.2
ローン22.6
物件20.6
ローン17.3
400~600
600~800 物件41.2
ローン37.8
物件41.2
ローン35.7
800~1000 物件47.6
ローン44.5
1000~1200 物件44.2
ローン35.0
1200~1500 物件69.5
ローン57.2
物件62.9
ローン59.3
1500~2000
2000以上

年齢、年収ごと住宅ローンの平均と事例データベース

では適正な住宅ローンの金額とは幾らなのか?解説しましょう。

下の表は私の著書の家を買うときに「お金で損したくない人」が読む本でご紹介している、無理なく返済できる住宅ローンを見積もる4つのルールです。

  1. 毎月の返済は手取り月収の4割以下でボーナス払いなし
  2. 返済額が一定になる元利均等返済方式
  3. シミュレーションの金利は固定金利(1.38%)
  4. 定年(60歳)時のローン残高は1000万円以下

この4つのルールを、35歳の各年収でスタートし、無理なく完済できる住宅ローンの金額として、表にすると以下のようになります。

(単位:万円)

年収 月収 35歳
400 20 2663
600 25 3250
700 30 3755
900 35 4255
1000 40 4714
1200 50 7031

注1:年収に対する月収は扶養家族やボーナスに配分される額によっても違ってきますのであくまで目安としてご利用ください。

注2:世帯年収1200万円からは「1.毎月の返済は手取り月収の5割以下でボーナス払いなし」という前提で計算しています。収入が多いので割合が高くなっても生活可能だからです。

注3:表は60歳定年を前提にしています。65歳定年の人は自分の年齢より5歳若い年齢を当てはめてください。医師や自営業など決められた定年が無い人は70歳定年としますので自分の年齢より10歳若い年齢を当てはめてください。

平均年収が830万円で住宅ローンの平均が3780万円ですから、概ね安全圏のレンジ内の住宅ローンを借りているように見えますね。

しかし、30代のこの年収層は共働きの世帯年収で1000万円~1200万円という人が多いのも事実です。そうなると実は潜在的にイエローシグナルの人が多いのですよ。

どういうことか、説明しましょう。

例えば年収600万の人は3250万円の住宅ローンであれば無理なく返せるということです。年収1000万の人は4714万円です。

では、共働き夫婦で1000万円(夫の年収が600万円で妻の年収が400万円)が、無理なく返済できる住宅ローンは4714万円なのか?それとも3250万円+2663万円=5913万円になるのか?

答えとしては、4714万円の方が近くなります。5913万円だと60歳のときの残高は夫婦あわせて2000万円になる計算です。ちょっと厳しいですよね。さらに言いますと、4714万円という金額にしても決して楽ではありません。夫婦が二人とも住宅ローンの完済まで勤め上げることが前提になりますので。

30代の時点ではまだ、妻も夫も両方が定年まで勤め上げるか?確実には断言できないのが普通です。なので、この表で出す数字よりも少な目に考えておく必要があります。

50:50の夫婦共働きでこの表でジャストラインにあるということは、リスクがあるということです。

ここでは特に、2つの典型的なケースで最適な住宅ローンのランキングを行います。。

  1. 単独の年収で600万円~700万円の人
  2. 夫婦共働きで収入合算して世帯年収1000万円前後になる人

単独で年収1000万前後を稼いでいるという方は、むしろ30代世帯年収1200万以上の最適住宅ローンランキングをみてください。

必ず読んでください!ランキング使用上の注意点

ランキングの順位は、典型的なモデルを想定して便宜上つけた順位付けです。ご自身の状況と照らし合わせて、最も適合した住宅ローンを見つけてください。

最適な住宅ローンは、早い段階で一つに絞るのではなく、複数の金融機関、金利タイプで本審査を通しておき、ギリギリまで引っ張って一番有利なものに決定するのがセオリーです。最低でも第2候補まで審査を通しておいてください。

月初の各行の住宅ローンの発表に合わせてランキングの金利や順位を更新します。念のため、引き渡しの前月までは毎月チェックしてください。

単独の年収で600万~700万円の人

変動金利と固定金利でそれぞれランキングを行います。それぞれの上位の金利タイプで審査を通しておけば、直前に経済情勢の変動があっても慌てることなく有利な方を選ぶことが出来るでしょう。

変動金利のランキング

2018年11月金利

順位 銀行名(商品名)
金利 保証料 事務手数料
おすすめする理由
関連記事へのリンク
1位 SBIマネープラザ<店舗相談 MR.住宅ローンREAL 変動金利>
0.447% ゼロ円 借入額×2.16%
  • 変動金利で借りる場合の2つの「四」をクリアできる人に向いている。
  • 2つの「四」とは、①毎月返済額の4分の1を貯蓄する。②その貯蓄と毎月返済額の合計が手取り月収の4割以下になる。という変動金利の上昇に備える2つの条件。
  • 通常の団信に加えて全疾病保障(精神疾患以外の全ての病気とケガ)を無料で付帯する。
  • ネット銀行の商品でありながら、店舗での相談が可能(19時まで時間拡大中)なので安心感が高い。
  • 収入が住宅ローンの名義人である大黒柱に偏っていて、もう一人はパート収入や臨時雇用収入である場合は、じぶん銀行のがん50%保障よりも住信SBIの全疾病保障の方がマッチする。
  • 病気になったら高額医療保険制度で医療費を払い、長期間就業できず勤め先からの収入が途絶えた場合でも最長1年6カ月までは傷病手当金が貰える。住信SBIの全疾病保障団信の保障対象の病気であれば、住宅ローンの支払いは免除され、傷病手当金で12か月の就業不能状態の生活を乗り切れる。そして、この期間が12カ月を超えればローン残高はゼロ円になる。
30秒で来店予約できます(公式サイトへ)☟

2位 三菱UFJ銀行<ネット専用住宅ローン3年固定>
0.45% 借入額×2.061% 3.24万円
  • 頭金となる自己資金が少なく、現時点の収入では金利変動リスクに対応できない(2つの「四」をクリアできない)が、今後の収入増又は安定が見込める大企業勤務、公務員に向いている。
  • 3年の固定期間が終わった後も他の大手銀行の変動金利と同水準
  • 保証料前払い型なので一部繰上げ返済で保証料の返金がある。
  • 契約の完全電子化を国内初で導入しておりネット専用住宅ローンなら印紙税が不要になる。
  • 7大疾病保障についてはは他行と違い、毎月保険料を払うことができるのでいつでも解約可能。
詳細はこちら(公式サイトへ)☟



以上

固定金利のランキング

2018年11月金利

順位 銀行名(商品名)
金利 保証料 事務手数料
おすすめする理由
関連記事へのリンク
1位 ARUHI<スーパーフラット8(S) 35年固定 頭金20%以上>
1.35%
Sは当初5年or10年間1.10%
ゼロ円 借入額×2.16%
  • 年収600万円で7365万円の首都圏新築マンションを購入できる融資を受けられる住宅ローン(頭金1473万円)。
  • 年収700万円で8593万円の首都圏新築マンションを購入できる融資を受けられる住宅ローン(頭金1719万円)。
  • さらに「S」の補助金適用があれば当初10年or5年間は0.25%引き下げ
  • 全国170か所の店舗で相談可能で、Sの補助金の適用可否についても相談できて心強い。
  • 事前審査は当日回答、本審査は最短3日のスピードなので当月申込みの当月実行も可能。
  • 引っ越し費用、家具の購入で優待割引が受けられる。
  • なんだかんだで固定金利はまだ低金利。長期金利が上がっても上がりにくいフラット35は外せない。
  • 実行後は住所変更を通知するだけで賃貸への転用が可能(民間ではありえない)。
申込or相談予約はこちら(公式サイトへ)☟

以上

夫婦共働きで収入合算して世帯年収1000万円前後になる人

変動金利と固定金利でそれぞれランキングを行います。それぞれの上位の金利タイプで審査を通しておけば、直前に経済情勢の変動があっても慌てることなく有利な方を選ぶことが出来るでしょう。

変動金利のランキング

2018年11月

順位 銀行名(商品名)
金利 保証料 事務手数料
おすすめする理由
関連記事へのリンク
1位 じぶん銀行 <変動金利>
0.457% ゼロ円 借入額×2.16%
  • 三菱UFJ銀行とKDDIが共同出資して設立したネット銀行。
  • 変動金利で借りる場合の2つの「四」をクリアできる人に向いている。
  • 2つの「四」とは、①毎月返済額の4分の1を貯蓄する。②その貯蓄と毎月返済額の合計が手取り月収の4割以下になる。という変動金利の上昇に備える2つの条件。
  • 通常の団信に加えてガンと診断されたらローン残高が50%になる保障が無料で付帯する。
  • ガンと診断された時点で保険金が支払われるスピードが魅力。
  • ネット銀行の商品でありながら、契約まで最短10日の審査スピードが魅力。
  • 50:50の共働き夫婦で、妻も定年までフルタイムで働くというライフスタイルであれば、早い段階で保障が受けられるじぶん銀行がマッチする。
  • 半額になるということは収入の割合に応じた元利均等返済に軽減されるので、今の家に住みながらパートナーの看病を続けることが出来る。
auユーザならKDDIがじぶん銀行の代理店として取り扱うau住宅ローン。じぶん銀行と同じ金利と保障に加えて毎月500円分のキャッシュバックが受けられます(公式サイトへ)☟

auユーザー以外場合はこちら☟
じぶん銀行がん50%保障の詳細と公式サイトへのリンク➤|千日のブログ
2位 三菱UFJ銀行<ネット専用住宅ローン3年固定>
0.45% 借入額×2.061% 3.24万円
  • 世帯年収は高いが夫婦50:50の共働きで夫婦両方が働かないと返済できない、でも子どもも欲しい!ケースで、3年間のうちに貯金を貯め繰上げ返済し、3年後に妻が産休に入るプランにマッチしている。
  • 3年の固定期間が終わった後も他の大手銀行の変動金利と同水準。
  • 保証料前払い型なので一部繰上げ返済で保証料が返金される。
  • 契約の完全電子化を国内初で導入しておりネット専用住宅ローンなら印紙税が不要になる。
  • 7大疾病保障についてはは他行と違い、毎月保険料を払うことができるのでいつでも解約可能。
詳細はこちら(公式サイトへ)☟



以上

固定金利のランキング

2018年11月

順位 銀行名(商品名)
金利 保証料 事務手数料
おすすめする理由
関連記事へのリンク
1位 ARUHI<スーパーフラット8(S) 35年固定 頭金20%以上>
1.35%
Sは当初5年or10年間1.10%
ゼロ円 借入額×2.16%
  • 年収800万円で9821万円の首都圏新築マンションを購入できる融資を受けられる住宅ローン(頭金1965万円)。
  • 年収900万円で1億円の首都圏新築マンションを購入できる融資を受けられる。フラット35の融資上限の8000万円なので、これがマックス。
  • さらに「S」の補助金適用があれば当初10年or5年間は0.25%引き下げ
  • 全国170か所の店舗で相談可能で、Sの補助金の適用可否についても相談できて心強い。
  • 事前審査は当日回答、本審査は最短3日のスピードなので当月申込みの当月実行も可能。
  • 引っ越し費用、家具の購入で優待割引が受けられる。
  • なんだかんだで固定金利はまだ低金利。長期金利が上がっても上がりにくいフラット35は外せない。
  • 実行後は住所変更を通知するだけで賃貸への転用が可能(民間ではありえない)。
申込or相談予約はこちら(公式サイトへ)☟

以上

30代独身女性(世帯)年収600万以上1200万未満の最適住宅ローンランキング

2018年11月金利

順位 銀行名(商品名)
金利 保証料 事務手数料
おすすめする理由
関連記事へのリンク
1位 ARUHI<フラット35 失業保障特約三ツ星くん>
1.45%
Sは当初5年or10年間1.20%
ゼロ円 借入額×1.08%(web割引)
  • 失業時には保険金でローン返済が可能、特約料は年齢にかかわらず融資金額100万円あたり800円。
  • 再就職を果たすも、再び失業してしまった場合ローン期間を通じて、通算36ヶ月までの失業中におけるローン返済保障が可能。
  • フラット35は借入後に賃貸に転用が可能であり、自分が住まなくなっても賃料で返済を継続できる。
  • さらに「S」の補助金適用があれば当初10年or5年間は0.25%引き下げ
  • 全国170か所の店舗で相談可能で、Sの補助金の適用可否についても相談できて心強い。
  • 事前審査は当日回答、本審査は最短3日のスピードなので当月申込みの当月実行も可能。
  • 引っ越し費用、家具の購入で優待割引が受けられる。
  • なんだかんだで固定金利はまだ低金利。長期金利が上がっても上がりにくいフラット35は外せない。
申込or相談予約はこちら(公式サイトへ)☟
2位 じぶん銀行 <変動金利>
0.457% ゼロ円 借入額×2.16%
  • ガンと正式診断された時点で保険金が支払われ、住宅ローンの残高が50%になり、毎月の返済も50%になる。居住も収入も本人だけという独身女性(男性)の場合はガン50%保障の方がリスク傾向にマッチした対策。
  • ガンと診断された時点で保険金が支払われるスピードが魅力。
  • ネット銀行の商品でありながら、契約まで最短10日の審査スピードが魅力。
  • ガンから復活すれば、その後の住宅ローンの負担は大きく軽減される。
auユーザならダンゼン毎月500円分のキャッシュバックのau住宅ローンがオススメ。KDDIがじぶん銀行の代理店となり販売している。
(公式サイトへ)☟

auユーザー以外場合はこちら☟
じぶん銀行がん50%保障の詳細と公式サイトへのリンク➤|千日のブログ
3位 SBIマネープラザ<店舗相談 MR.住宅ローンREAL 変動金利>
0.447% ゼロ円 借入額×2.16%
  • 変動金利の低さでは単独トップ。
  • 通常の団信に加えて全疾病保障(精神疾患以外の全ての病気とケガ)を無料で付帯する。
  • 女性にはガンと診断されたら30万円支給される保障が無料で付帯する。
  • ネット銀行の商品でありながら、店舗での相談が可能(19時まで時間拡大中)なので安心感が高い。
30秒で来店予約できます(公式サイトへ)☟

以上

Posted by sennich