40代世帯年収1200万以上の最適住宅ローンランキング

2018年11月16日

最終更新:2018年10月31日

40代世帯年収1200万以上:物件価格の平均6290万円、住宅ローンの平均5930万円

 

40代で世帯年収1200万円以上は、40代でマイホームを購入する人のなかでも高年収の人達ですね。

このグループのご相談者の平均年齢は42歳で世帯年収の平均は1552万円です。つまり概ね、

  • 年収の4.1倍の物件を購入し、
  • 年収の3.8倍の住宅ローンを組む

という人が平均的なモデルとなります。30代の同じ年収層よりも余裕のある感じですね。30代よりも2000万円台の層が増えていて、不動産の価格にそれほど差が無いからでしょう。

(単位:百万円)

世帯年収(万円) 年齢
20代 30代 40代 50代以上
400未満 物件36.8
ローン33.3
物件28.4
ローン24.5
物件30.2
ローン22.6
物件20.6
ローン17.3
400~600
600~800 物件41.2
ローン37.8
物件41.2
ローン35.7
800~1000 物件47.6
ローン44.5
1000~1200 物件44.2
ローン35.0
1200~1500 物件69.5
ローン57.2
物件62.9
ローン59.3
1500~2000
2000以上

年齢、年収ごと住宅ローンの平均と事例データベース

では理論的に適切な住宅ローン金額と比較してみます。

下の表は私の著書の家を買うときに「お金で損したくない人」が読む本でご紹介している、無理なく返済できる住宅ローンを見積もる4つのルールです。

  1. 毎月の返済は手取り月収の4割以下でボーナス払いなし(年収1200万からは5割以下)
  2. 返済額が一定になる元利均等返済方式
  3. シミュレーションの金利は固定金利(1.38%)
  4. 定年(60歳)時のローン残高は1000万円以下

この4つのルールを、40歳45歳の各年収でスタートし、無理なく完済できる住宅ローンの金額として、表にすると以下のようになります。

(単位:万円)

年収 月収 40歳 45歳
1200 50 5982 4877
1500 60 7049 5689
2000 80 9160 7390

注1:年収に対する月収は扶養家族やボーナスに配分される額によっても違ってきますのであくまで目安としてご利用ください。

注2:世帯年収1200万円からは「1.毎月の返済は手取り月収の5割以下でボーナス払いなし」という前提で計算しています。収入が多いので割合が高くなっても生活可能だからです。

注3:表は60歳定年を前提にしています。65歳定年の人は自分の年齢より5歳若い年齢を当てはめてください。医師や自営業など決められた定年が無い人は70歳定年としますので自分の年齢より10歳若い年齢を当てはめてください。

ご相談者の平均年齢42歳、平均世帯年収は1552万円で住宅ローンは5930万円ですから、概ね安全圏のレンジ内にあるようです。

ただ、40代ということは定年の60歳まであと20年を切っています。収入が高くなっている代りに残りの年数は短くなっているという点に注意が必要です。

30代までなら、最長の35年の返済期間をとって、自然体で返済していけば定年時にはそれなりに残高も小さくなっているので完済できるという見込みを立てやすいです。

しかし40代からは自然体で返済するのでは危ないです。60歳の残高は1000万円を超えるケースが多いですね。これを定年までに貯めなければなりません。ゴールを見据えてスタートを切るのです。

また、夫婦ともにフルタイムの正社員、50:50の夫婦共働きで、1000万円を超えるというリッチな夫婦もこのグループに入ってきますね。

その場合、単独で6000万円近くの住宅ローンを借りることはできないので、ペアローンを組むというケースが多くなります。

年齢、世帯年収、物件価格、住宅ローン金額としては同じであっても、リスクの傾向が違うので、最適な住宅ローンも違ってきます。

ここでは、以下の2つのケースに分けてランキングを行います。

  1. 単独名義又は80:20の共働き夫婦
  2. 50:50の共働き夫婦

必ず読んでください!ランキング使用上の注意点

ランキングの順位は、典型的なモデルを想定して便宜上つけた順位付けです。ご自身の状況と照らし合わせて、最も適合した住宅ローンを見つけてください。

最適な住宅ローンは、早い段階で一つに絞るのではなく、複数の金融機関、金利タイプで本審査を通しておき、ギリギリまで引っ張って一番有利なものに決定するのがセオリーです。最低でも第2候補まで審査を通しておいてください。

月初の各行の住宅ローンの発表に合わせてランキングの金利や順位を更新します。念のため、引き渡しの前月までは毎月チェックしてください。

単独名義又は80:20の共働き夫婦に最適な住宅ローンランキング

2018年11月金利

順位 銀行名(商品名)
金利 保証料 事務手数料
おすすめする理由
関連記事へのリンク
1位 三菱UFJ銀行<ネット専用住宅ローン3年固定>
0.45% 借入額×2.061% 3.24万円
  • 3年の固定期間が終わった後も他の大手銀行の変動金利と同水準。
  • 保証料前払い型なので一部繰上げ返済で保証料の返金がある。
  • 早期に繰上げ返済して利息の負担を減らすプランの人にマッチしている。
  • 契約の完全電子化を国内初で導入しておりネット専用住宅ローンなら印紙税が不要になる。
  • 7大疾病保障についてはは他行と違い、毎月保険料を払うことができるのでいつでも解約可能。
詳細はこちら(公式サイトへ)☟



2位 SBIマネープラザ<店舗相談 MR.住宅ローンREAL 変動金利>
0.447% ゼロ円 借入額×2.16%
  • 変動金利の低さでは単独トップ。
  • 通常の団信に加えて全疾病保障(精神疾患以外の全ての病気とケガ)を無料で付帯する。
  • 女性にはガンと診断されたら30万円支給される保障も無料で付帯する。
  • ネット銀行の商品でありながら、店舗での相談が可能(19時まで時間拡大中)なので安心感が高い。
  • 収入が住宅ローンの名義人である大黒柱に偏っていて、もう一人はパート収入や臨時雇用収入である場合は、じぶん銀行のがん50%保障よりも住信SBIの全疾病保障の方がマッチする。
  • 病気になったら高額医療保険制度で医療費を払い、長期間就業できず勤め先からの収入が途絶えた場合でも最長1年6カ月までは傷病手当金が貰える。住信SBIの全疾病保障団信の保障対象の病気であれば、住宅ローンの支払いは免除され、傷病手当金で12か月の就業不能状態の生活を乗り切れる。そして、この期間が12カ月を超えればローン残高はゼロ円になる。
30秒で来店予約できます(公式サイトへ)☟
3位 三井住友信託銀行<20年固定 融資手数料型>
1.20% ゼロ円 借入額×2.16%
  • 40代から住宅ローンをスタートする人にとって、定年退職の60歳までの期間の金利を固定してくれるので、ちょうど良い固定期間である。
  • 固定金利は基本的に今後上がっていくが三井住友信託銀行については、上昇を抑制する傾向がある(2018年10月現在)ので20年固定で借りるのであればお勧め。
  • ワンライティングミックスローンというサービスがあり、一つの契約書でミックスローンを組めるので、ミックスローンを組む場合に手数料が高くならない。
  • 女性向けに入院日額1000円を保障する医療保険を無料で付帯している。
公式サイト☟

三井住友信託銀行住宅ローン

4位 ARUHI<スーパーフラット8(S) 35年固定 頭金20%以上>
1.35%
Sは当初5年or10年間1.10%
ゼロ円 web申込で借入額×1.08%
  • 年収900万円で1億円の首都圏新築マンションを購入できる融資を受けられる。フラット35の融資上限の8000万円なので、これがマックス。
  • さらに「S」の補助金適用があれば当初10年or5年間は0.25%引き下げ
  • 全国170か所の店舗で相談可能で、Sの補助金の適用可否についても相談できて心強い。
  • 事前審査は当日回答、本審査は最短3日のスピードなので当月申込みの当月実行も可能。
  • 引っ越し費用、家具の購入で優待割引が受けられる。
  • なんだかんだで固定金利はまだ低金利。長期金利が上がっても上がりにくいフラット35は外せない。
  • 実行後は住所変更を通知するだけで賃貸への転用が可能(民間ではありえない)。
申込or相談予約はこちら(公式サイトへ)☟

以上

50:50の共働き夫婦に最適な住宅ローンランキング

2018年11月金利

順位 銀行名(商品名)
金利 保証料 事務手数料
おすすめする理由
関連記事へのリンク
1位 三菱UFJ銀行<ネット専用住宅ローン3年固定>
0.45% 借入額×2.061% 3.24万円
  • 3年の固定期間が終わった後も他の大手銀行の変動金利と同水準。
  • 保証料前払い型なので一部繰上げ返済で保証料の返金がある。
  • 年収は高いが自己資金は少なく、固定期間に繰上げ返済資金を貯めるプランにもマッチしている。
  • 契約の完全電子化を国内初で導入しておりネット専用住宅ローンなら印紙税が不要になる。
  • 7大疾病保障についてはは他行と違い、毎月保険料を払うことができるのでいつでも解約可能。
詳細はこちら(公式サイトへ)☟



2位 じぶん銀行 <変動金利>
0.457% ゼロ円 借入額×2.16%
  • 三菱UFJ銀行とKDDIが共同出資して設立したネット銀行。
  • 通常の団信に加えてガンと診断されたらローン残高が50%になる保障が無料で付帯する。
  • ガンと診断された時点で保険金が支払われるスピードが魅力。
  • ネット銀行の商品でありながら、契約まで最短10日の審査スピードが魅力。
  • 夫婦の収入がほぼ同じくらいで、妻も定年までフルタイムで働くというライフスタイルであれば、早い段階で保障が受けられるじぶん銀行がマッチする。
  • 半額になるということは収入の割合に応じた元利均等返済に軽減されるので、今の家に住みながらパートナーの看病を続けることが出来る。
  • パートナーが復活すれば、その後の住宅ローンの負担は大きく軽減される。
auユーザならKDDIがじぶん銀行の代理店として取り扱うau住宅ローン。じぶん銀行と同じ金利と保障に加えて毎月500円分のキャッシュバックが受けられます(公式サイトへ)☟

auユーザー以外場合はこちら☟
じぶん銀行がん50%保障の詳細と公式サイトへのリンク➤|千日のブログ
3位 三井住友信託銀行<20年固定 融資手数料型>
1.20% ゼロ円 借入額×2.16%
  • 40代から住宅ローンをスタートする人にとって、定年退職の60歳までの期間の金利を固定してくれるので、ちょうど良い固定期間である。
  • 固定金利は基本的に今後上がっていくが三井住友信託銀行については、上昇を抑制する傾向がある(2018年10月現在)ので20年固定で借りるのであればお勧め。
  • ワンライティングミックスローンというサービスがあり、一つの契約書でミックスローンを組めるので、ミックスローンを組む場合に手数料が高くならない。
  • 女性向けに入院日額1000円を保障する医療保険を無料で付帯している。
公式サイト☟

三井住友信託銀行住宅ローン

4位 ARUHI<スーパーフラット8(S) 35年固定 頭金20%以上>
1.35%
Sは当初5年or10年間1.10%
ゼロ円 web申込で借入額×1.08%
  • 年収900万円で1億円の首都圏新築マンションを購入できる融資を受けられる。フラット35の融資上限の8000万円なので、これがマックス。
  • さらに「S」の補助金適用があれば当初10年or5年間は0.25%引き下げ
  • 全国170か所の店舗で相談可能で、Sの補助金の適用可否についても相談できて心強い。
  • 事前審査は当日回答、本審査は最短3日のスピードなので当月申込みの当月実行も可能。
  • 引っ越し費用、家具の購入で優待割引が受けられる。
  • なんだかんだで固定金利はまだ低金利。長期金利が上がっても上がりにくいフラット35は外せない。
  • 実行後は住所変更を通知するだけで賃貸への転用が可能(民間ではありえない)。
申込or相談予約はこちら(公式サイトへ)☟

以上

40代独身女性(世帯)年収1200万以上に最適な住宅ローンランキング

2018年11月金利

順位 銀行名(商品名)
金利 保証料 事務手数料
おすすめする理由
関連記事へのリンク
1位 じぶん銀行 <変動金利>
0.457% ゼロ円 借入額×2.16%
  • ガンと正式診断された時点で保険金が支払われ、住宅ローンの残高が50%になり、毎月の返済も50%になる。居住も収入も本人だけという独身女性(男性)の場合はガン50%保障の方がリスク傾向にマッチした対策。
  • ガンと診断された時点で保険金が支払われるスピードが魅力。
  • ネット銀行の商品でありながら、契約まで最短10日の審査スピードが魅力。
  • ガンから復活すれば、その後の住宅ローンの負担は大きく軽減される。
auユーザならダンゼン毎月500円分のキャッシュバックのau住宅ローンがオススメ。KDDIがじぶん銀行の代理店となり販売している。
(公式サイトへ)☟

auユーザー以外場合はこちら☟
じぶん銀行がん50%保障の詳細と公式サイトへのリンク➤|千日のブログ
2位 SBIマネープラザ<店舗相談 MR.住宅ローンREAL 変動金利>
0.447% ゼロ円 借入額×2.16%
  • 変動金利の低さでは単独トップ。
  • 通常の団信に加えて全疾病保障(精神疾患以外の全ての病気とケガ)を無料で付帯する。
  • 女性にはガンと診断されたら30万円支給される保障が無料で付帯する。
  • ネット銀行の商品でありながら、店舗での相談が可能(19時まで時間拡大中)なので安心感が高い。
30秒で来店予約できます(公式サイトへ)☟
3位 ARUHI<フラット35 失業保障特約三ツ星くん>
1.45%
Sは当初5年or10年間1.20%
ゼロ円 借入額×1.08%(web割引)
  • 失業時には保険金でローン返済が可能、特約料は年齢にかかわらず融資金額100万円あたり800円。
  • 緊急の早期退職募集に応募した場合も、「非自発的失業」として保険金が支払われる。(雇用保険の特定受給資格者に該当の場合)
  • 再就職を果たすも、再び失業してしまった場合ローン期間を通じて、通算36ヶ月までの失業中におけるローン返済保障が可能。
  • フラット35は借入後に賃貸に転用が可能であり、自分が住まなくなっても賃料で返済を継続できる。
  • さらに「S」の補助金適用があれば当初10年or5年間は0.25%引き下げ
  • 全国170か所の店舗で相談可能で、Sの補助金の適用可否についても相談できて心強い。
  • 事前審査は当日回答、本審査は最短3日のスピードなので当月申込みの当月実行も可能。
  • 引っ越し費用、家具の購入で優待割引が受けられる。
  • なんだかんだで固定金利はまだ低金利。長期金利が上がっても上がりにくいフラット35は外せない。
申込or相談予約はこちら(公式サイトへ)☟

以上

Posted by sennich