年収別シミュレーション, 400万円台, 共働き世帯年収別シミュレーション, 800~1000万円, 年齢別シミュレーション, 40代, 住宅ローンの借り入れ, 団信生命保険と疾病保障, 変動か固定かどっち?

40代共働きでガン団信を付けたい場合の住宅ローン

 

ネット銀行を中心に、無料の疾病保障団信が付く住宅ローンが人気です。現在は以下の4つがそうですね。

金融機関保障特約名と引受保険会社保障の内容じぶん銀行がん ...

年収別シミュレーション, 1000万円以上, 共働き世帯年収別シミュレーション, 1500~2000万円, フラット35, 固定金利で借りる, 年齢別シミュレーション, 40代, 住宅ローンの借り入れ, 団信生命保険と疾病保障

健康に不安がある場合の住宅ローンのリスク対策について

 

住宅ローンが心配だ…と言うと大抵出てくるのが「団信」ですね。これは主債務者が死亡や高度障害となるもしもの時に住宅ローンをゼロ円にしてくれる保険です。ですから ...

年収別シミュレーション, 700万円台, 共働き世帯年収別シミュレーション, 1200~1500万円, 年齢別シミュレーション, 40代, 住宅ローンの借り入れ, ペアローン連帯保証(債務), つなぎ融資と分割融資

注文住宅の住宅ローン 地銀では土地購入時に一括融資という選択も出来る

 

土地を買って注文住宅を建てる場合、まず土地の購入代金を払わなければなりません。ただし土地の購入では住宅ローンを使えないという銀行がほとんどで ...

年収別シミュレーション, 500万円台, 変動金利で借りる, 年齢別シミュレーション, 40代, 住宅ローンの借り入れ, 団信生命保険と疾病保障

増加傾向にある女性単身のマンション購入での住宅ローンと団信のセオリー

 

最近は働く女性でマンションを購入する人が増えています。背景として女性の社会進出があるのは言うまでも無いことですが、完済までどのようにしたか? ...

年収別シミュレーション, 1000万円以上, 変動金利で借りる, 年齢別シミュレーション, 40代, 住宅ローンの借り入れ, ミックスローンで借りる, 住宅ローン減税と補助金

住宅ローン残高は多い方が得だが借入が大きくなることに漠然とした不安

 

住宅ローン控除は年末の住宅ローン残高の1%が最大10回、その年の所得税と翌年の住民税からキャッシュバック(還付)される減税制度です。

年収別シミュレーション, 400万円台, 共働き世帯年収別シミュレーション, 800~1000万円, 年齢別シミュレーション, 40代, 住宅ローンの借り入れ, 変動か固定かどっち?

老後資金に子どもの学費も考えながらの住宅ローン

 

この住宅ローンは大丈夫でしょうか(無謀ではないですか)?というご相談を頂くことがあります。

年収と年齢からわかる、「無理なく完済できる住宅ローン」をシ ...

年収別シミュレーション, 600万円台, 年齢別シミュレーション, 40代, 固定から当初固定, 住宅ローンの借り換え

定年退職が見えてきたら住宅ローンもラストスパートです

 

これから借り換えるなら変動金利か固定金利か?というのも悩ましい問題ですよね。

千日の住宅ローンメソッドでは定年退職までに完済することをお勧めして ...

年収別シミュレーション, 500万円台, 共働き世帯年収別シミュレーション, 400~600万円, 固定から固定, 年齢別シミュレーション, 40代, 団信生命保険と疾病保障, 住宅ローンの借り換え

リノベ・リフォームを機に借り換えるタイミングでの入院と手術で団信に赤信号!どうするか?

 

リノベーションやリフォームで減税が受けられます。さらにその代金を銀行などから借り入れると、住宅ローン控除も受けられます!

年収別シミュレーション, 600万円台, 共働き世帯年収別シミュレーション, 800~1000万円, 年齢別シミュレーション, 40代, 住宅ローンの借り入れ, ペアローン連帯保証(債務), 団信生命保険と疾病保障

40代からスタートする住宅ローンで健康面と完済可能性にリスクがある場合

 

この住宅ローンは大丈夫でしょうか(無謀ではないですか)?というご相談を頂くことがあります。住宅ローンはどうしても未知の長い期間になりますし ...

年収別シミュレーション, 500万円台, 共働き世帯年収別シミュレーション, 600~800万円, 年齢別シミュレーション, 40代, 変動から変動, 変動から当初固定, 住宅ローンの借り換え

変動金利で熾烈な金利引き下げ競争をしている今は借り換えの好機

 

変動金利で0.7%台なら、十分に低い金利ですし、借り換えには費用もかかります。しかし、今銀行間で変動金利の金利引き下げ競争が激化していて、0.7%台 ...