年収別シミュレーション, 1000万円以上, 30代, フラット35, 固定金利で借りる, 年齢別シミュレーション, 住宅ローンの借り入れ, 変動か固定かどっち?

完済できるか?ちょっと微妙かもしれないけど売れるor貸せる物件を購入する

 

住宅ローンは完済しなければ終わりません。しかし、その物件が将来売れる、貸せるような物件であるなら完済の方法には様々な選択肢が採れます。

年収別シミュレーション, 400万円台, 共働き世帯年収別シミュレーション, 800~1000万円, 30代, 固定金利で借りる, 年齢別シミュレーション, 住宅ローンの借り入れ

30代は住宅ローンを返すポテンシャルが最も高い年齢層

 

こちらは千日の住宅ローン無料相談ドットコムにこれまで相談した方の年齢、年収ごとの物件価格と住宅ローンの平均をまとめた表です(2017年1月~2018年10月 ...

年収別シミュレーション, 800万円台, 30代, フラット35, 固定金利で借りる, 年齢別シミュレーション, 住宅ローンの借り入れ

住宅ローン控除を受けられない物件はアコギなくらい強く値引き交渉すべし

 

2019年10月の消費増税が決定となっており、政府は景気対策として住宅ローン控除の拡充を検討しています。今のところ、現在10年という期間を5 ...

年収別シミュレーション, 500万円台, 30代, フラット35, 固定金利で借りる, 年齢別シミュレーション, 住宅ローンの借り入れ, 変動か固定かどっち?

リノベする中古マンションはフラット35リノベの対象なのか自分の目で確かめるべし

 

以下の2つのどちらかの条件に当てはまり、フラット35リノベの対象になると、当初5年又は10年間、フラット35の金利から0.5%もの ...

年収別シミュレーション, 400万円台, 共働き世帯年収別シミュレーション, 800~1000万円, 30代, 年齢別シミュレーション, 住宅ローンの借り入れ, 住宅ローン減税と補助金, 変動か固定かどっち?

30代、妊活中、住宅ローン控除を受けない、3つの要素を考えて住宅ローンを決めるプロセス

 

住宅ローン控除は床面積が50㎡以上でなければ受けることが出来ません(2018年11月現在)。なので、立地の良いマンションで ...

年収別シミュレーション, 400万円台, 共働き世帯年収別シミュレーション, 800~1000万円, 30代, フラット35, 固定金利で借りる, 年齢別シミュレーション, 住宅ローンの借り入れ, 変動か固定かどっち?

住宅ローンの審査では「一つの理由」で落ちるということは無い

 

住宅ローンに落ちた理由として、ネットでよく目にするのが「過去に支払に遅れてブラックリストに載ってたから」というのと「転職して間もないから」という理由で ...

年収別シミュレーション, 600万円台, 30代, 年齢別シミュレーション, 住宅ローンの借り入れ, 住宅ローン減税と補助金, 預金連動型ローン

できれば銀行から借金したくない!実家の会社と預金連動型のどっちがいい?

 

レアなケースですが、実家が事業をしている場合、実家の会社から住宅の購入資金を借りるという手もあります。ただし、その場合は住宅ローン控除を受 ...

年収別シミュレーション, 1000万円以上, 共働き世帯年収別シミュレーション, 1000~1200万円, 変動金利で借りる, 30代, 年齢別シミュレーション, 住宅ローンの借り入れ, 当初固定金利で借りる, 住宅ローン減税と補助金

住宅ローン控除の恩恵を最大限に受けて利息の負担を最小にする住宅ローン

 

住宅ローン控除は年末のローン残高の1%の所得税等が最大10回還付される減税制度で、現在のところ2021年12月31日までに居住の用の供した場 ...

年収別シミュレーション, 700万円台, 共働き世帯年収別シミュレーション, 800~1000万円, 30代, 年齢別シミュレーション, 住宅ローンの借り入れ, 変動か固定かどっち?, 借地権

借地権の戸建てを購入する場合に住宅ローンの金利タイプはどう選ぶか?

 

敷地が借地権になっている住宅を購入するときは、期間の満了時には家を取り壊して土地を地主に返還しなければならない可能性があるということをハッキリ ...

年収別シミュレーション, 600万円台, 共働き世帯年収別シミュレーション, 1000~1200万円, 変動金利で借りる, 30代, 年齢別シミュレーション, 住宅ローンの借り入れ, 住宅ローン減税と補助金, ペアローン連帯保証(債務)

今後主流になる共働きを前提にした住宅ローンの最適な組み方

 

まだまだ日本は男性社会ですが、それでもかなり女性が働きやすい社会になってきています。同時に、終身雇用制はそろそろ賞味期限を迎え、正職員と臨時職員の垣根を ...