20代住宅ローン借り換えランキング

2018年12月13日

20代は少しの金利差でも大きな借り換えメリットがある

 

20代は初めて住宅ローンを借りてからまだ数年しか経っていませんので、住宅ローン残高が大きく、残期間も長いです。なので少しの金利差でも借り換えメリットがあるのが特徴です。

借り換えメリットがあるかは、以下の3つの要素で決まります。

  1. 住宅ローン残高
  2. 住宅ローンの残期間
  3. 現在と借り換え後の金利差

例えば借り換え費用に40万円かかったとして、その40万円を払ってもメリットがある金利差は何パーセントか?という表は以下の通りです。

(単位:%)

(上表は借り換えと金利交渉のセオリーより抜粋)

20代で借り換える人の平均的なローン残高と残期間を色付けしました。概ね0.1%の金利差があれば借り換えによって収支トントンになるのです。それ以上の金利差なら、そこから儲けになります。

20代は社会に出て間がなく今後のキャリアが流動的で今後の収入が読みにくいので基本的には固定金利がお勧めです。

他の年齢借り換えランキングへのリンク

20代からの住宅ローン借り換えのポリシー

次に、下記の表に自分の年収と年齢を当てはめてみてください。現在の住宅ローンの残高が下の表の金額を超えている場合は…

固定金利であれば、毎月の返済が少しキツイ住宅ローンになっているでしょう。もしくはボーナス払いに頼った住宅ローンですね。

変動金利であれば、今のところは返済は大丈夫ですが、もし今後金利が上がったらキツくなる住宅ローンです。

(単位:万円)

20代で無理なく完済できる住宅ローンの金額
年収 月収 25歳 30歳
300 15 1997 1997
400 20 2663 2663
600 25 3329 3339
700 30 3995 3995
900 35 4661 4661
1000 40 5327 5327
1200 50 8325 7996
1500 60 9989 9509
2000 80 13320 12449

注1:年収に対する月収は扶養家族やボーナスに配分される額によっても違ってきますのであくまで目安としてご利用ください。

注2:世帯年収1200万円からは「1.毎月の返済は手取り月収の5割以下でボーナス払いなし」という前提で計算しています。収入が多いので割合が高くなっても生活可能だからです。

そして以下のYES/NOでオススメの借り換え住宅ローンが分かります。

住宅ローンの残高は安全圏内か?
YES安全圏内 NO危険ゾーン
今は変動金利 今は固定金利 今は変動金利 今は固定金利
変動でも固定でも可 固定から固定へ借り換え 固定金利へ借り換え 固定から固定へ借り換え

現時点で住宅ローンの残高が身の丈を超えていても、今後収入が増えれば問題なくなるでしょう。そして、もう一つの選択肢として住宅ローンの借り換えがあります。

必見!借り換え審査に通ったら金利交渉も出来る

ランキングに行く前に、これだけは知っておくべきことをお話ししておきます。金融機関が積極的に宣伝しないため、あまり知られていないのですが、借り換えと金利交渉というのは切っても切れないほど密接でニコイチの関係にあります。

住宅ローンを借り換えるのは、今より低金利の住宅ローンに乗り換えることで毎月の利息が少しずつ安くなって、完済までのトータルでお得になる(借り換えメリットがある)から借り換えるのですよね。

このことを現在の銀行の立場に立って考えると、金利交渉を受けた時点の金利が低ければ低いほど、こちらの金利を引き下げなければ銀行を乗り換えられてしまうということです。

つまり、借り換えメリットがあるライバル銀行の住宅ローンの審査を通した上で現在の銀行に対して金利交渉をすれば、ギリギリまで金利を下げてくれる可能性が高いということです。

借り換えには借り換え費用がかかりますし、平日の昼間に休みをとって金融機関で手続きをしなければなりません。これに対して、金利交渉は、昼休みに10分程度の電話を一本かけるだけで可能です。

私は実際にこの方法で0.2%金利を下げてもらい31万円も得しました。ホントに昼休みに電話を一本かけて、一言こう言っただけです。

『金利の見直しをお願いします』

借り換え審査に通ったら銀行に電話で金利交渉してください。そして、金利交渉できるように、現在の住宅ローンと同じ金利タイプでも借り換え審査を通しておきましょう。

例えば現在は変動金利から固定金利に借り換えるつもりであっても、あえて変動金利でも審査を通しておき、金利交渉で言えるようにしておくのです。

20代で固定金利に借り換えるランキング

20代のうちはまだキャリアが定まっておらず、今後の収入変動リスクが大きいのが特徴です。そして基本的には今よりも10年後の方が収入が増えているという前提で考えて良いです。ただし、その伸びがどの程度なのか、その振れ幅が大きいのですね。

ですから少し背伸びをした住宅ローンであっても固定金利で借りておけば、収入の増加に伴って身の丈に合ったローンとなっていき、後半は楽勝な住宅ローンになります。

長期金利が低い今は、住宅ローンが安全圏の人も危険ゾーンの人も、基本的に長期固定金利へ借り換えることで…

  • 確実に完済できる住宅ローンでありかつ、
  • 老後資金を残せる住宅ローンになります。

2018年12月金利

順位 銀行名(商品名)
金利 保証料 事務手数料
おすすめする理由
関連記事へのリンク
1位
ARUHIスーパーフラット借り換え<借入期間21年以上、団信不加入>
1.08% ゼロ円 借入額×2.16%
  • フラット35の金利には最初から団信保険料が込みになっており、団信不加入とすると0.2%引き下げとなるが、ARUHIスーパーフラットであれば団信不加入とすると団信込みの金利から0.28%引き下げになる。
  • スーパーフラット借り換えで金利が0.05%引き下げになる。
  • 団信は若くて健康リスクの低い人も年齢が上で健康リスクの高い人も均一の負担となっている。
  • 20代ならば自分で保険に入って団信は不加入とすれば、同レベルの保障で少ない支払となることが多い。
フラット35取り扱い業界最大手☟




2位
ARUHIスーパーフラット借り換え<借入期間21年以上、新団信に加入>
1.36% ゼロ円 借入額×2.16%
  • スーパーフラット借り換えで金利が0.05%引き下げになる。
  • 2017年10月からのフラット35の新団信には国内で唯一、身体障害保障が付帯しており、身体障害者手帳(1級or2級)の交付で住宅ローンがゼロ円になる。
  • ペースメーカー植え込みや糖尿病の人口透析でも身体障害者手帳(1級、2級)は交付される。そして住宅ローンがゼロ円になる。
  • 過去は年一回ローン残高の0.358%を払う方式だったが、現在はフラット35の金利に0.28%上乗せとなり毎月の返済と一緒に支払うので、借り換えるだけで実質、金利引き下げと同じ効果がある。
  • なんだかんだで固定金利はまだ低金利。長期金利が上がっても上がりにくいフラット35は外せない。
フラット35取り扱い業界最大手☟




以上

20代で変動金利に借り換えるランキング

2018年12月金利

順位 銀行名(商品名)
金利 保証料 事務手数料
おすすめする理由
関連記事へのリンク
1位 SBIマネープラザ<店舗相談 MR.住宅ローンREAL 変動金利 借り換え>
0.428% ゼロ円 借入額×2.16%
  • 変動金利の低さでは単独トップ。
  • 通常の団信に加えて全疾病保障(精神疾患以外の全ての病気とケガ)を無料で付帯する。
  • 女性にはガンと診断されたら30万円支給される保障も無料で付帯する。
  • ネット銀行の商品でありながら、店舗での相談が可能(19時まで時間拡大中)なので安心感が高い。
  • 収入が住宅ローンの名義人である大黒柱に偏っていて、もう一人はパート収入や臨時雇用収入である場合は、じぶん銀行のがん50%保障よりも住信SBIの全疾病保障の方がマッチする。
  • 病気になったら高額医療保険制度で医療費を払い、長期間就業できず勤め先からの収入が途絶えた場合でも最長1年6カ月までは傷病手当金が貰える。住信SBIの全疾病保障団信の保障対象の病気であれば、住宅ローンの支払いは免除され、傷病手当金で12か月の就業不能状態の生活を乗り切れる。そして、この期間が12カ月を超えればローン残高はゼロ円になる。
30秒で来店予約できます(公式サイトへ)☟


2位 住信SBIネット銀行<変動金利 借り換え>
0.428% ゼロ円 借入額×2.16%
  • 変動金利の低さでは単独トップ。三井住友信託銀行の口座開設で0.01%引き下げのキャンペーン中。
  • 通常の団信に加えて全疾病保障(精神疾患以外の全ての病気とケガ)を無料で付帯する。
  • 女性にはガンと診断されたら30万円支給される保障も無料で付帯する。
3年固定の固定期間が終わった後は借り換えか?金利交渉か?
2位 りそな銀行<変動金利 借り換え>
0.429% ゼロ円 借入額×2.16%+3.24万円
    • 住信SBIネット銀行に次ぐ低金利。
  • 『店頭でWEB申込プラン見ました』と言うだけでもWEB申込の特典あり。ネットでの手続きに不安がある人にオススメ。
  • 7大リスクに対応し、仕事を続けられても住宅ローンがゼロ円になる『団信革命』に特色あり。
近日公開

以上

プロのコンサルタントによる無料借り換え診断がおすすめ

おかげ様で、当サイトへのご相談件数が増えておりまして、回答までに結構なお時間を頂いていますが、お急ぎの方はモゲチェックプラザでもwebや電話による無料相談が受けられます。

モゲチェック・プラザのコンサルティングは、金融機関のOBなど住宅ローンのプロが行います。

そして、全国約700以上の金融機関が提供する1,300本以上の住宅ローンの中から最適なローンを選び出し、専用ソフトで瞬時に比較できます。

なので、千日のブログや住宅ローン無料相談ドットコムへ相談しながら、同時にこのモゲチェックにも相談し、それぞれの診断結果を突き合わせるということも可能です。

いわゆる「セカンドオピニオン」としてもお勧めで、事実そのように利用されて、口コミ情報を送ってくださった方もいます。

3秒診断はザックリ結果ですが、電話相談の際に現在の住宅ローンの条件を言えばちゃんとした計算結果を出してもらえます。

借り換えの無料相談の詳細と予約はこちらからどうぞ☟

各目的別の住宅ローンランキングへのリンク

ランキング 年齢
20代 30代 40代 50代以上
新規借入 20代800未満 30代600未満 40代600未満 50代1000未満
30代600~1200 40代600~1200 50代1000以上
20代800以上 30代1200以上 40代1200以上
借り換え 20代借換 30代借換 40代借換 50代借換
団信 20代団信 30代団信 40代団信 50代団信

Posted by sennich