PR

共働き夫婦が親ローンを利用して住宅ローン控除をフルに受ける方法

家族構成と年収は、夫36歳250万、妻29歳460万。来年出産予定ですが、出産後は職場復帰し働くつもりです。

住宅破産千日太郎様を拝見し、無料相談を知りました。住宅ローンを組む前に一度相談したく、ご連絡いたしました。住宅ローン控除など活用し、最適な住宅ローンの組み方などございましたら、ご教示いただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。

回答はYouTubeにてお答えしました。

無料版

☛千日太郎YOUTUBEへのチャンネル登録はこちら

完全版(有料)

☛有料動画の視聴方法はこちら

相談者のデータ(年齢、年収、所有資金の総額、物件価格、借入金額など)

家族の年齢と年収 夫36歳250万
妻29歳460万(来年出産予定だが出産後も働く)
所有資金の総額 1,900万円 +妻の親ローン2,000万円
物件価格 5,480万円(諸費用380万円込み)
物件のタイプ 注文住宅(建築条件付き)2022年10月完成予定
借入予定額 親ローン2,000万円と住宅ローン1,500~2,000万円
住宅ローン 変動金利(返済期間15〜18年)を検討しています。
親ローンは月々返済を5万とし、住宅ローン返済後に月々の返済を増やす予定です。

広告

相談

はじめまして。
書籍で千日太郎様を拝見し、無料相談を知りました。住宅ローンを組む前に一度相談したく、ご連絡いたしました。
下記内容のご返答よろしくお願いいたします。

土地、建物総額が5,100万、諸費用を加えますと5,480万になります。建物価格は、オーダーによって増額する可能性がございます。
自己資金1500万、親ローン2000万、残額は住宅ローンの借り入れ(変動金利,15〜18年返済期間)を検討しています。
親ローンについては月々返済を5万、住宅ローン返済後に月々の返済を増やす予定です。
住宅ローン控除など活用し、最適な住宅ローンの組み方などございましたら、ご教示いただけますと幸いです。

以上、参考になれば幸いです。

30代共働き夫婦の最適住宅ローンランキングを見る

ペアローン連帯保証、連帯債務の相談事例とシミュレーションを見る